カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:未分類( 8 )

お知らせ

あまりのジャンクコメントの多さに根負けしました。。。
更新しないのが悪いか・・・

というわけで、色々身辺変化もあったことだし
お引越しをします。

新しいブログはこちら。

http://akkohapp2.exblog.jp/

今後ともよろしくお願いします。
[PR]
by akkohapp | 2008-08-02 13:43
夕暮れの駅で、小さな子どもがお母さんの手をつないで

「いいな いいな にんげんっていいな~♪
おいしいごはんに ぽかぽかおふろ あったかいふとんでねむるんだろな♪
ぼくもかえろ おうちへかえろ でんでんでんぐりがえって ばいのばいのばい♪」

と『日本昔話』のエンディングテーマを歌っているのを聞いた瞬間。


おねえさんもおうちへかえりたいよぉ~
[PR]
by akkohapp | 2007-03-03 17:45

貧しさの分類

5年ぶりに目にするインドネシアは、貧しくもあり、豊かでもあり、
ここに住んでいた頃には日常に溶け込みすぎて見えなくなっていた
そのダイナミックな二極性に気づく。

初めて乗る列車の窓の外を過ぎてゆく景色を眺めながら、
貧しさにはたくさんの種類があるのだと感じる。

崩れかけた赤い屋根と、竹の皮で作られた壁の家々が
連なるスラムを、フェンス一枚隔てることなく、轟音と共に列車が通り過ぎる。
クーラーの効いた車内から、ガラス一枚を隔てて「眺める」貧困。
そのスラム街の向こうには、新しく出来たばかりだというショッピングモールが
窓ガラスに朝日を反射させて光っている。
進化し、発展し続ける都市の中で、時を忘れたように取り残され、
成長し続ける都市に呑み込まれてゆく貧しさは、
そこで際立つように暗く、残酷に映る。

そんな外の景色を眺めながら、
貧困が生み出す制限と、
豊かさが生み出す無限の可能性について考えずにはいられなくなる。
今自分が持つ物質的・非物質的財産の全ては
どれだけ「豊かさ」の上に成り立つものなのかと、考えずにはいられなくなる。
ここは、明日の食べ物を得るために今日を生きる人々の顔と
年末の休暇をどう過ごそうか悩む人々の顔が方々で交差する国なのだ。

ジャカルタ市内を出てしばらくすると、見える風景に変化が見られるようになる。
田の間の舗装もロクにされていないようなあぜ道を
男女二人乗りのバイクがのんびりと走ってゆく。
どこまでも緑に広がる野原のところどころに、
火炎樹の燃えるようなオレンジ色が浮き立つ。
破れたシャツを着た人が、腕を広げたように見えるバナナの木が手を振るように連なり
マンゴの木はセクシーな丸みをつけた大きな実をたわわにつけている。
そしてそれらのマンゴの実を大量にカゴに乗せて車内に売りに来る物売り。
大地のもたらす恵みと、それにつながる人々の暮らしを見て、
そこに豊かさの欠片を見つける。

先進国的生活をする場所ではもう失われてしまった「豊かさ」は、
物質的には100%恵まれている私が口にすると、ただの感傷的で身勝手な
「豊かさ」でしかないのかもしれないけれど。
[PR]
by akkohapp | 2005-12-30 12:57

すみませんII

インドネシアから帰国したものの、しっかりご丁寧にお腹を壊し
未だ全復帰しません。
長らくブログに触れてもいない状態で、
コメントのレス等遅れ本当にすみません。
[PR]
by akkohapp | 2005-11-30 23:27

すみません

友達から送られてきたFastMindなるものの招待状、
またアドレス帳に登録されてた人全員に送りつけてしまったようです(泣
前にHi5でもやったし、変なメールが届いた方、本当にすみません。
ちなみにこれ何なのかも分かってません。。。
何なんでしょう?ご存知の方教えてください、私は登録しません・・・


前のインターン先のボスや高校の頃の先生とかにも送っちゃってて・・・どーしよう(汗

あぁ気まずい。。。



すみません。
[PR]
by akkohapp | 2005-11-07 21:23
同期のとよふみくんから回ってきた。
ぶっちゃけ恥かしい。



①性別は?

 オンナ

②身長と体重を教えて

バカヤロウww 
 
③好きな異性のタイプは?(見た目と性格)

 タイプあるはずなんだけど、実際付き合う人面白いくらいみんなタイプ違うんだよねぇ・・・
 外見も性格もバラバラすぎてまとめられない。

④嫌いな異性のタイプ

 オンナだからこーしろとか言ってくるヒト・・・

⑤恋人を束縛するタイプ?

 適度に。
 ・・・けっこー・・・
 自分も適度にされたい。

⑥浮気の境界線は?
 
 知らぬが仏・・・

⑦初恋の人に気持ちを伝えましたか?

 (一句) りゅうたくん 追い掛け回して 恐れられ
                                 幼稚園にて。
 
⑧恋人とのデートは週に何回くらいが理想?
 
 付き合ってる時期によるけど週1~2??
 学生時代って時間あるからもっと会いたい~とかなるけど。

⑨ドキッとする異性の行動やしぐさは?

 車でバックするときに助手席に手をまわすとき・・・ってメチャピンポイントだなw
 あとイイ香りがしたとき!

⑩今、好きな人、付き合っている人、気になる人などそんな方に一言どーぞ!

  会いたい。


⑪回す方5人。

  マイコちゃん、reirahちゃん、サヤカ(リンクしてくれい)、kei_dogさん、かおりん
   お暇があればよろしくです。




しゅーりょーww
[PR]
by akkohapp | 2005-10-18 10:42

情緒も何も無い

7月の舞台、新登場人物が多すぎて目が回る。

しかもみんな上座から出てきたと思ったら
あっというまに下座へ去ってゆく。
ちっとは舞台中心でじっとできないもんなのか。
心に残る名場面や名台詞の一つや二つ決めてみろってなもんだ。


暇だとこういうことになるのか。
でも若くて時間ある時しかこんなことないから、
(多分)
まぁたまにはいいか。
[PR]
by akkohapp | 2005-07-25 17:39

BOOK BATON

アキツ姉さまに回していただいたブックバトン、ここ2日ちょぼちょぼと考えてみたものの
本を選ぶって難しい作業だなーと改めて思う次第。
せっかく回していただいたのにあんまり大したモンじゃなくてなんだか申し訳ないですが。
とりあえず。。。


Q1:持っている本の冊数

ううん、今ざっと本棚見たら私の本は200冊強というところ。
転勤族のため、食器と本は極力買わない、が我が家の鉄則。
でも大学に入って教科書購入したりしてるうちに大分増えた。
ジャカルタにいたころは、同じ会社の人たちが日本に帰るために
いらない本を置いてゆく「図書館」があって、赤川次郎もピンク小説も全部そこで読んでた。
置いてゆかれる本たちだから、すごい本はあんまりなかったんだろうけど、
とにかく活字を追うことはずっとしてたような気がする。
窓を閉め切ってエアコンかけて、女中さんが作ってくれたバナナのフライとか食べながら
ソファの上でダラダラと字を追う・・・至福の時間でした。太ったことは言うまでもない。


Q2:今読みかけの本 or 読もうと思っている本


えと・・・期末なもんで。レポートが・・・南北戦争勃発に至る経緯についてあさってまでに
書かないといけないスけど。
それ系の本、5、6冊積読(つんどく)状態です・・・


Q3:最後に買った本(既読、未読問わず)

なんだろー 多分山田詠美のデビュー作
『ベッドタイムアイズ』 (1985)
大学の青空古本フェアで20分で全部立ち読みした上で200円で買った。
(その間蚊にさされた数:4箇所。)
(そしてその日200円が残金の全てだったので、バスに乗れず歩いて帰った。)
荒削りだけど、エイミーエキスがギュギュっと凝縮されててイイと思った。
筆者が主人公とシンクロしてればしてるほど、リアルで、近くて、五感に訴える表現が多い。
この作品では、主人公と男がボイラー室でするときに、
上げた足につけたアンクレットが暗闇にキラキラ光る、
っていう描写が妙に訴えてくるから
きっと著者自身が見た光景なんだろうと思った。
山田詠美作品では、
『トラッシュ』(NYの紀伊国屋で12ドルで買ったわい。文庫本なのに!バカヤロー)
『指の戯れ』あたりが好きかな。。。
って全部黒々系だな。
だってこの辺が一番セクシーだと思うんだもん。


あ、あとラングストン・ヒューズの詩集を買った。
The Collected Poems of Langston Hughes,
Ed. Arnold Rampersad, 1994.)
a0007479_2238276.jpg

結構安かったけど、届いたら超分厚くてびっくりした。
一番有名なのはThe Negro Speaks of Riversだけど、
社会派っぽいかんじの作品のほかにも
単純に地元ハーレムへの愛情や、恋人への気持ちを詠む作品も
優しくて朗らかで好きだな。

Lenox Avenue: Midnight/ Langston Hughes

The rhythm of life
Is a jazz rhythm,
Honey.
The gods are laughing at us.

The broken heart of love,
The weary, weary heart of pain,-
Overtones,
Undertones,
To the rumble of street cars,
To the swish of rain.

Lenox Avenue,
Honey.
Midnihgt,
And the gods are laughing at us.


そだ、あと久しぶりに雑誌買ったんだった。
これがマジで一番最近に買った本かな・・・
LUIRE!!「この夏愛しのニューヨークへ」特集・・・(笑)
そろそろ禁断症状が活性化してきた。
a0007479_22413685.gif

じゃじゃーん!!!
でも、開いてみたら大したことなかった。。。惜しい。



Q4:特別な思い入れのある本、心に残っている本5冊(まで)


1.『      』    
一番好きな本、って常によく分からない。
一生出会えないかもしれない。
それでいいんだと思ってる。
・・・なんちゃってカッコイイ??

2.『金閣寺』 三島由紀夫
出征する兵隊に女が自分の乳を飲ませるところとか、すごい。
夏の暑い日に、汗をかきながら一気に読んだ。
このあと『潮騒』『午後の曳航』と続けて読んだような。
ちなみにウチの大学の前にある金○庵という蕎麦屋
(なのに親子丼500円で収入を維持している)で
三島は割腹自殺の直前最後の食事をしたらしい。
最後の蕎麦がもう少しでも美味しければ、
彼はこの世に命を留めたかもしれない。

3.『存在の耐えられない軽さ』 ミラン・クンデラ
人とのつながりってなんだろう、と氷のように冷静に、
それと同時に死にたくなるくらい熱狂的に考えてしまう一冊。

4.『キッチン』 吉本ばなな
中学生の頃からかれこれ10年読んでる。
この作品読み返すと「帰って来た~」って思う。
裏面の『ムーンライトシャドウ』も好き。
この頃の吉本ばななの作品は、食べものの味や匂いが強くて好き。
『キッチン』ではカツ丼が超ウマそうだし、
『ムーンライトシャドウ』では、白木のカウンターで食べるかきあげ丼が
これまたたまらない描写。

5.『もう一つの国』 ジェームズ・ボールドウィン
最近久しぶりちゃんと全部読んだ分厚い本。1962年出版。
現在日本語版出版されてない。
大学の地下書庫の奥~~の方でようやく発見した。
ゲイ、バイ、ストレート、カラード、ニューヨーク、ハーレム、
ボールドウィンはきっと優しい人。

6.『錦繍』 宮本輝
大人の恋愛の極地。
究極のラブレター書簡。
電車の中で泣かされた。
10年、20年、同じ人を恋しく想うこと。
確かに錦が織られています。


Q5:もし、またバックパッカーになったら、どの本を一冊だけ持っていくか?

何度も言うけど谷崎の『陰翳礼讃』だと思う。
それか安吾のどれか。
芥川もいいかな。
とにかく純ジャパクラシック系でキメます。
ニューオリーンズからDCまでバス29時間乗ったときは
暇つぶしに俳句を詠んでみたりしたから、案外俵万智とかもいいのかも。




次に回す人。。。特にいないけど
ゲンちゃんあたり書き込んでくれない?
最近面白い本読んだ??私読んでない。
誰か教えて。


これ書くにあたって、母と「何かいい本ないかな~」と話していて
あれでもないこれでもない、ってやっている途中で母がポツリ。
「トシとると目は見えなくなるし、エロいのもグロいのももう読むの嫌になっちゃったし、
良い本なんてここ10年くらい読んでないわよ。」
・・・そうか。そういうもんかもな。
目も見えて感受性元気な今のうちに、エロいものも、グロいものもたくさん読んでおこう。

アキツさーん、回していただいてありがとうございました★★楽しかった~♪
[PR]
by akkohapp | 2005-07-19 22:21