カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

はじまり

思えばいつも9月だった

朝6時の鱗雲
細切れの綿の間に覗く、清らかな朝の空の色

しとしとと降り続く秋雨の間に聞こえる
コオロギの音

ふと見上げた午前3時の空に
もう冬模様のオリオン座がクリアに映っているのに気づいたり

遠いイスラムの国の夜明けに
コーランが低く響くのを聞く

思えばいつも9月だった

そういう大きな何かが始まるのは

しずかに、おだやかに、
やがて香る金木犀の黄金色の風が流れるのを待つ
[PR]
by akkohapp | 2007-09-30 00:00 | 花鳥風月