カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

Go Ladies!

金曜日のダイニングバーは7時に終わるハッピーアワーを目前にかなり混雑していた。
気のあった仲間、女4人で集まって、色とりどりのカクテルを持つ。
ピンク、ライトグリーン、オレンジ、パープル・・・
みんなそれぞれ両手にグラスを持って、カンパーイ!
一つのグラスには花火までついていたので
その火花が消える前に、全員で「ハッピーバースデー」を大合唱。
誰の誕生日でもないのに。

最初から熱が高かった夜。
テーブルの上のフローズンカクテルは私たちが交わす言葉の中で
あっという間に溶けた。

考えてみれば、今年は私を除く全員が新たな環境の中で
新しい生活を始めることになる。
私にしても、現在進行形で未来への道を選び取ろうとしているから
2005年は私たち全員にとって"big year"となるのだろう。
進学や留学、就職を前に、それぞれが不安と希望を抱えテーブルを囲む。

「5年後はどうなっているんだろうね。」
「10年後はどんなことしてるのかなぁ。」
たまたまテーブル脇にあった世界地図を仰ぎながら
10年後、20年後、自分たちがどこで何をしているのか想像してみる。
「スペインの大学に行きたい!」
「中国ってすっごい自分に合うの!ビジネス感覚が!」
「パリ政治学院ってどう思う?」

夢は、大陸や文化、現実さえも軽々と飛び越えて
テーブルの上を行き交う。
そして、こうして話していると
あたかもそれらは単なる夢ではないような気がしてくるから不思議だ。
どんな場所でどんなことをしたいと言おうと
その風景の中に身を置いて生活しているそれぞれの姿が浮かんでくるのだ。
そのくらい、飛躍のバネを感じるそれぞれの顔を前に
私だって、どこへでも行けると思えた。

年を重ねれば重ねるほど、出会いの数は増え、可能性は広がるのだと実感する。
けれど、10代の頃にはほぼあだ名だけで入力していた携帯のメモリーには
正確に入力された氏名がズラリと並ぶようになった。
そんなことでもしなければ、フルネームをきちんと漢字で書ける自信がないような
付き合いが増えた証拠だ。
限りない出会いの中から、根を張る出会いはやはり限られていると知っているからこそ
目の前に並ぶ三つの顔がいとおしいと思う。美しいと思う。

高く、遠くへ、それぞれの道を幸せに進もう。

そして、全員が今ここに顔を揃えている今の時間、大事にしてたくさん楽しいことしようね!
今月はお花見~イットク!?!
[PR]
by akkohapp | 2005-04-02 23:40 | 大切な人