カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

お知らせ

あまりのジャンクコメントの多さに根負けしました。。。
更新しないのが悪いか・・・

というわけで、色々身辺変化もあったことだし
お引越しをします。

新しいブログはこちら。

http://akkohapp2.exblog.jp/

今後ともよろしくお願いします。
[PR]
# by akkohapp | 2008-08-02 13:43

オバマっくす

アメリカ大統領選挙が盛り上がっている。

メディアがこぞってとりあげるのは、民主党候補、
イリノイ出身のバラック・オバマ議員。

グローバルなバックグラウンドや、「変化」をスローガンに掲げた熱意あるキャンペーンで、
当初は予想だにされなかった支持率を得、
対抗馬のヒラリー・クリントン議員陣営をガケっぷちに追い込んでいる。

彼のスピーチを聞いていて、気がつくこと、
それは彼の話しぶりが政治家のそれというよりも
指導者のもののようだということ。
トップダウンの政策提示をするよりも、
この大きな変化の動きに、あなた方が必要だ、
これは私たちによる、私たちのための変化だ、と民衆に訴えかける彼に
公民権運動の先頭に立ったマーティン・ルーサー・キングの面影を重ねるのは
私だけではないだろう。

彼を見ていると、今ではズタボロに堕ちたアメリカの中に
かつて憧れた、若くて元気で前向きなアメリカを見る気がする。
単純かもしれないが、とにかく変化を、
今が満足ならないなら、それを変える、そして本当に変えてしまう、
そんな行動力やエっと目を見張るようなアメリカンミラクルを
肌の色や文化の違いを越えて、みんなが起こす・・・

初めてアメリカンスクールとやらに足を突っ込もうと決めた中学生のころは
きっとアメリカンスクールに行けば、国籍や外見の違いに関係なく
色んな友達ができて、ヘーイガイズ!と明るく笑い、ジーンズをはいてコーラを片手に
ショッピングモールに友達と映画を見に来る未来が手に入るだろうと思った。
そこには、差異を超えた自由と理解があり、違いこそを尊重しながら
ひとつ同じものを大切にする、桃源郷のような光が見える・・・・
ような気がした。

今思えばちゃんちゃら可笑しく、
もちろん、現実はそれにはるかに及ばず、結局言語コンプレックスに
悩まされ続けた3年間であっただけだった。
本場アメリカには、言語の壁以外にも、たった400年の歴史の中に
刻み込まれた人種間の葛藤や、新しい移民の流入により変わる社会構成、
広がる貧富の差に加え、国際テロや戦争という、
「ヘーイガイズ!+ジーンズ+コーラ+映画」論など
鼻息で吹っ飛ぶ問題が山積みだ。

が、それでもそんな中でも、あのバラバラで自分中心の軸が強い国民が
ひとつ共通のつかまるものを見つけ、ひとつの方向性を導きだそうとしている姿には
かつて私があれだけ憧れた
「ヘーイガイズ!+ジーンズ+コーラ+映画」の明るさが見える気がするのだ。

オバマは、生まれたころからコスモポリタンな環境で育てられているからだろう、
多様性の中で生きることをとても自然に、まるでそれを意識すらしていないかのように
体現しており、そのナチュラルさ、ニュートラルさこそが、
ヒラリーとの一番大きな違いであり、多くの若者を惹きつける点なのではないかと思う。
アメリカ人としてニューヨークに生まれても、既存のカテゴリーから抜け出すのは難しく
結局「~系アメリカ人」としての殻を破らずに生き、存在する多様なラインを
超えずに生きている人がほとんどだ。
その中でオバマは「アフリカ系アメリカ人」であることは全く全面に出さずに
どんなにアフリカ系からの支持率が高かろうと、中立的な立場から
統合された「変化」を説く。

これだけ多様化されたアメリカ社会の中で、
ひとつだけのグループに焦点を当てて政策を説くことは得策ではなく
バランスのとれた、そう、それこそ自然に体現されたような、
その人の人柄の中にこそ国民はアメリカの次なる時代を託したいのではないかと思う。

次は3月4日のテキサス・オハイオ戦。
しばらくCNNから目が離せない。
[PR]
# by akkohapp | 2008-02-24 10:52 | NYC, USA

3年

眠くて眠くてたまらない11月の夜の暮れ。
もうベッドに入って、明日着てゆくシャツにアイロンをかけている夫の背中を見ながら
ウトウトしかけていたら、ラジオから懐かしい曲が流れてきた。
あ、好きな曲だ、と思ったのと同時に
トロトロと彼に話す。

この曲を好きだった私の友達、突然亡くなったんだよねぇ。

え?突然?原因は?と聞き返す彼。

うん、よく分からなかったけど、眠ったまま、ある日突然。

東西から友達が集まって、皆で新幹線に乗ってお葬式に行ったのだ。
雲ひとつない青空と、読経の声があまりにもミスマッチだった。

ちょうど、この時期だったよそういえば、と話す声と
アイロンのスチームのコォーという音が重なる。
安心する音だ。

ちょうどこの時期、と自分で言ってみてあまりにも気になって
自分のブログにアクセスしてみる。

きっかり3周忌だ。
一日もブレずに、この日だった。

何か伝えたかったんだよ、と3年前には出逢いもしていなかった夫が言う。

過ぎ行く時間と、伸び行く時間、
時に重なり、交わり、また線を延ばす。


これからも、見守っていて下さい。


Seize the Day
[PR]
# by akkohapp | 2007-11-20 14:11 | 大切な人

Autumn in New York

アメリカの秋は日本のそれよりも
ずっとダイナミックに、力強く訪れる。
それは巨大なスーパーマーケットに色とりどりに並ぶアイスクリームのようで
街路樹ですら添加物でも入っているのかと思うほど色鮮やかだ。
そこにまた、東京のそれとは同じものと思えないような
広大で色の深い空の色が映る。
新しい携帯を買って、画面がワントーン明るくなったような、そんな秋を向かえている。

特にこれといった用事がなくても、やはりマンハッタンに出ると
新しく感じる何かがあり、驚いたり、疲れたり、微笑ましい光景を見つけるたびに
しばらく使ってないなかった心の筋肉がもう一度動くようだ。

人との距離が遠くて近いこの国では
地下鉄に乗っていて、他人だと思っていた人同士が
通路を挟んで突然親しげに会話を始めたりして
そうか、知り合いだったのかと思うとやっぱり他人だったりするようなことが
当たり前で、そんな自分にも突然投げられる変化球を拾っては返すことが楽しい。

東京で会った人とも、ニューヨークで会うと全然違った歩き方やそぶりをしていて
ふと自分もそんな風になっているのだろうかと思ったりする。

バスで隣に座っている人と、自分の生き方の色が比較にならないほど離れているこの国で
どこかでそのの色の範疇の中に他人の色を組み入れて、自分と重ねてゆく作業は
どれだけ際限がなく、果てしないようでいて、可能性に満ちているだろう。
決して交わることはできないようでいて、いくらでも変化することはできる。
できる、というか、しなければ生きてゆけない、この街では。

パキスタンでの暴動のニュースが、毎朝トップニュースとして取り上げられる。
パキスタンの地理も、首都の名前もムシャラフの名前もまったく知らないだろうと
アメリカ人をバカにしていても、ニューヨーカーは違う。
ブルックリンには多くのパキスタン系の移民が住んでいて
彼らも地下鉄に乗り、ミッドタウンあたりのオフィスで仕事をする毎日を営んでいる。
隣に住んでいる人は、インド系のように見えたけれども、
そういえばパキスタン系かもしれない。
そんな、世界が混在し、様々な故郷の顔を持つ人がすれ違うこの街では
自分だけの色の中で生きてゆくのは自分を守る術を知らないということだ。

そんな、交じり合い、でも中々溶け合わない中にいると
溶け合っている人との守られた家がどれだけ大切に思うことか。

本当はまだまだ溶け合ってなんていなくて、どこまで入れられているのかも
分からないのに、それでも許しあっている友達や家族、
ちゃんと自分の通り道が開いている人の存在が
浮き立つように分かる国だからこそ、大切に思う。守ろうと思う。

ニューヨークは深い秋の中だ。
[PR]
# by akkohapp | 2007-11-09 22:38 | 花鳥風月

Gotanda Graduation

ようやく、終わって、擦り切れてテカテカになったスーツを着ない朝が来る。

ニュートラルな自分に戻ってみると
いかに色んなものを抱えて走ってきてたかが分かって
長距離ダッシュしてきて、ゴールした後にすごい息切れと一緒に
大声で泣きたいみたいな気分だ。

たくさん私の涙を吸い込んでくれたベッドもシーツを剥がして
ダサいマットレスがむき出しになってみると
なんか可愛らしい。
で、このダサいマットレスの上で最後にわんわん泣いて
この部屋を去る。

70人の男性の中で、総合職の女ひとり、男みたいに働いたつもり、
だけど全然男にはなれなくて
感情の波に振り回されず、一歩引いてしまう逃げが全くない彼らを
ひたすら凄いと思っていた。
凄い、って凄惨、っていう字にも充てられるくらいだから
本当にすごい。

11時の電車の中で昨日と同じ擦り切れたスーツを
毛布にして一時間眠りこける彼ら、
家族に指摘される最近薄くなった頭を気にして
お酒の場では血圧やメタボ指数を気にしながらもやっぱり唐揚げが外せなくて
鼻の頭に汗を浮かべて
やれなんとか部長、なんとか次長と肩書き順にEメールのあて先を並べることが大切で
そして夜の12時からは娘の幼稚園受験の願書を取るために校門の前に並んだり
接待ゴルフ、マージャン、風俗、全部全部こなす彼ら、
彼らこそ本当の男たちで、私を守ってくれた本物の戦士だった。

・・・と思う。


男みたいになんて働かなくて全然良かったのに
それもそれで70人の男性を周囲に
女性らしさも保ちながら、タフに働くのはなかなかの上級テクが必要だったんだと思う。

できなかったなぁ。
壊れたよなぁ。

職場から去った今、何がしたいかって
華やかな色のカーディガンを着たい。
スカートを履きたい。
髪の毛をもっと伸ばしたい。
猫みたいに撫でてもらいたい。

ホントはジーンズとTシャツが一番好きで、
髪の毛だってずっと短かった。
だから相当溜まってたんだと思う、
女になりたい欲求が。
オネエみたいだけど、マジだ。

振り返れば振り返るほど反省ばかりだ。
毎日会う周囲の人を大切にすることが
いちばん大切でいちばん難しいんだ。

でも、これはこれで良かった。

ガサツ街道まっしぐら、女放棄一年半、
でもメタボ戦士たちに可愛がられ
自分と一緒に悩む若手の同僚に支えられ
ものすごい人間ドラマをお腹いっぱいかき込んで
満腹になったところ。
栄養もついたことだから、ちゃんと体内に行き渡らせて
これから会う未知の人たちに分けられることができますように。
これまでに支えてもらった人たちに、お返しすることができますように。


So....what's comin NEXT????
[PR]
# by akkohapp | 2007-11-02 12:08 | 大切な人

結婚しました

3月はまだ寒く、暗く、書いたものをここに載せる自信もなく
フォルダーに残したままの文字でしたが、
決心は溶けることはなく、
9月30日、無事入籍しました。

今後ともよろしくお願いします。
[PR]
# by akkohapp | 2007-11-02 12:03 | 大切な人

3月19日

3月も半ばだというのに、暗くなった帰り道の坂を北風かすごい速さで私を追い越してゆく。
合わないヒールの足が痛い。NYはまだ明け方の6時だ。

電車の中で携帯のメール送信履歴を読み返してみたら、
送ったメールのほとんどが英語だった。
こんな小さな機械から送られた文字が、
軽々と海と時差を超えてあの大都会に住む彼の元へ届くというのに、
自分はこうして今日も疲れた顔を乗せた電車の一部になっているだけだ。
現実的なところ、パスポートの有効期限も切れている。

考えてみれば、いつもいつも時差の向こうにいる誰かのことを想っている。

最近の民族論の中には、民族の記憶、という新しいカテゴリーが生まれたらしい。
同じ風景を見、同じ文化、同じ時代を共有した者は同じ記憶をたどる、という。
ものごとに対して、光を当て、記憶としてとどめておく箇所が一緒、ということか。

自分にはそういう光の焦点が定まらず、地球のどこかが夜の時、その反対側は朝、
という生き方をずっとしているような気がする。
隣の芝は青い、よりももっと強いその距離を隔てるものへの執着は、
気がつけば私の中に根を張って、こんなにも大きく立派な木になってしまった。

記憶が始まってからの私の人生は、いつも一つの国の内と外があり、
そういえば天気予報も、時報も、ニュースも、いつも二つの国のものを見ていた。
半そででアイスクリームをなめながら、
12月の東京の地図の上に雪だるまマークがつくのを見た。
アイスクリームが涙の熱さで溶けていた。
Nyの美術館では、込み合う渋谷駅の写真を見て、
ものすごい慕情と一緒にそこから20分離れられなかった。
そして今は、ただただ13時間の時差の中で眠る彼の肌色を思い出し、
その中に溶けられればいいのに、と思っている。

本当の本当のダブルスタンダードで生きると決めることは、結構な決心と覚悟が必要なものだ。
アイデンティティーも、言葉も、見る風景や、ファッション、人との距離のとり方、
全部がバラバラな中で、どんなスタンスで生きてゆくか。
そのバランスをとるのには、結構オトコマエでかつエレガントな決心が必要だと思うのだ。

けれども、そんな潔く、繊細な決心の中で、私はいき続けてゆきたい。
そんな二つの車線を、愛車を転がしてずっとずっと海まで、砂漠まで、森まで、走りたい。
疲れたら彼に運転してもらおう。
そうやってずっと、一つの道よりも、二つの道から、もっとたくさんの場所から、
風景を見えることを楽しみながら、私は私の道を刻もう。
[PR]
# by akkohapp | 2007-11-02 12:02 | 花鳥風月

はじまり

思えばいつも9月だった

朝6時の鱗雲
細切れの綿の間に覗く、清らかな朝の空の色

しとしとと降り続く秋雨の間に聞こえる
コオロギの音

ふと見上げた午前3時の空に
もう冬模様のオリオン座がクリアに映っているのに気づいたり

遠いイスラムの国の夜明けに
コーランが低く響くのを聞く

思えばいつも9月だった

そういう大きな何かが始まるのは

しずかに、おだやかに、
やがて香る金木犀の黄金色の風が流れるのを待つ
[PR]
# by akkohapp | 2007-09-30 00:00 | 花鳥風月
彼はいつも、ワイングラスを丸く包み込む時の手つきで、私を扱う。
とても上品な手のしぐさが、最初会ったときから好きだと思った。
ユラユラとグラスの中で揺れるようなワインのような気持ちになりながら
小さな頃に母親に撫でられたときの記憶を取り戻す。
そう伝えると、小さく笑って「じゃあお母さんにもなってあげる」と
やさしい目で言った。

Grand Central駅構内にあるワイン屋で買った白ワインは
鳥カゴの中にオレンジ色の金魚が入っているオーストラリア産のもので
果物っぽさがとても美味しくてあっという間に空けてしまった。
マスカット色の透明の水を、ゆっくり揺らすグラスを包む手。

いい年なのに、面白いくらい感情を揺らし合うこのつながりを、
心から愛おしく思う。
いい大人が、2人して他愛ないことで口ゲンカを繰り返し
それでも求め合う求心力を、心底大切にしている。


Coney Islandでは、レトロを通り越して、ちょっと怖いくらいの遊園地で
グルグル猛スピードで回る観覧車に乗った。
例のごとく、何かで口ゲンカをしていたので、
私が10ドルを出して、高すぎるよとボヤく彼を半ば強引に赤い鉄格子の箱の中に押し込む。
ユラユラ揺れながらてっぺんまで上ると、左手には大西洋、
右手にはブルックリンのプロジェクト群がそびえ立つ。
その向こうに見えるのがマンハッタンをつなぐブルックリンブリッジだ。

キャーキャー叫びながら、仲直りをした。

海沿いに並ぶ売店で、Salt Water Taffyを買う。
キャラメルを長くしたみたいなカラフルなそれを、flavorを探り合いながら
口の中に放り込む。
バナナと思ったらレモンで、
ミントと思ったらシトラスで、
何だか人と人の出逢いのようだ。

大西洋沿いを、強い潮風を受けながら歩く。
彼はもう4コ目のtaffyを口にほおばっている。
プロジェクトの合間にある公園では、ハンドボールに興じる若い人たちや
イタリア語でおしゃべりに花を咲かせる老人たち、
浜辺ではしゃぐ黒人の学生たち、
様々な人種がゴチャゴチャに交じり合いながら、ゴチャゴチャに色んなことをして
晴れた午後の時間を刻んでいた。
それぞれの人たちを観察しながら、いろんなことを言い合い、
ケンカをしたことなんて嘘のように、手をつないでデッキの音を鳴らしながら歩いた。
時々あどけない顔で笑う顔が、少年のようで、私も子どもみたいに笑う。
海辺では、誰もが優しくなるのかもしれない。

ロシア語らしき看板を掲げたレストランを見つけ、
気がつくと周囲の人たちは皆寒い大陸の言葉を話している。
こんなところにロシアの人たちのコミュニティーがあったんだ、と驚く彼。
一緒に新しいものを発見すると、とても嬉しくなる。
海辺から離れ、街のほうに向かって歩く。

どこの国の言葉か分からない色とりどりの看板にあふれた街は
夕暮れの買い物時とあって活気付いている。
ユダヤ教会、シシケバブ屋、ダンキンドーナツ、ロシアンマーケット・・・
カラフル街角に、Beautifulを連発する彼。
こればっかりは、ニューヨークじゃないと味わえないね、と繰り返し言う。
本当に、その多様性は美しい文化のパズルだ。

彼の手を引き、入ったベーカリーは、ロシアにあるそれを
そのままcutしてブルックリンのその一角にpasteしたよう。
想像もつかない味を、美味しそうに魅せているパンの間を
二人興奮気味に見て回った。

何種類もあるピロシキの味を尋ねようと、
これは?これは?とキャッシャーに座っているおばあさんに聞きまくると、
最初の2個は答えてくれたが、その後は呆れた趣でこちらを見た。
床の上では、ロシア美人みたいなしなやかに美しい猫が、
セクシーに横たわっている。

ようやく選んだいくつかのパンを、奥のテーブルでコーヒーと一緒にいただく。
おばあさんは、何故か結局私たちを気に入ったとみて、
わざわざ丁寧に豆から挽いたコーヒーを淹れてくれる。
あまり英語が通じないので、こちらも日本語、英語とゴチャゴチャにお礼を言う。
ありがとう、とかおいしい、とか、そういうシンプルで
あたたかな人間の交わりは、いつも簡単に言葉の壁を突き抜ける。

二人して興味津々に店内を観察しながら、パンをかじる。
当たり前のようにおいしい。
ひっきりなしに入ってくるお客さんは、それぞれに違う肌の色、違う言葉を話しながら
活き活きとパンを選び、カウンターへ運ぶ。
誰にでもロシア語で対応し、全く同じトーンでテキパキとパンを売るおばあさんの
プロフェッショナルっぷり、かなり格好良い。

接客に追われるおばあさんに、もう一度お礼を言い、
また手をつなぎ、店を出ると、
マンハッタンへ戻る汚い地下鉄の駅の階段を駆け上った。

Brooklyn, Brooklynという彼の歌声に、私の笑い声が重なる。



a0007479_2127166.jpg
[PR]
# by akkohapp | 2007-08-22 21:16 | 大切な人
サブプライム問題という火種を抱えたアメリカクレジット市場の暴発は
世界中のマーケットに大きな影響を及ぼした。

日本国内の景気回復のあおりを受けて、4月からじりじりと
1万7千円台から8千円台へと上昇を続けていた日経平均は
8月17日の終値で15,723円をつけ、前日比-874円の大暴落、
紙面には「ITバブル崩壊以来の下げ幅」との見出しがおどる。
円は17日、一時ドル対比111円をつけ、一ヶ月前に122円で
ふぅふぅ言っていたのがバカのようだ。

18日にはFRBが公定歩合を急遽引き下げ、
市場の混乱はようやく収束に向かいそうだ。

ところで、今回の世界同時株安の発端となったサブプライム問題とは何だろうか。

プロパーの金利で貸し付けるプライムローンに対して
本来ならクレジットを付与できないような
低所得者に対しても、高金利で住宅ローンの貸付を行うのが
サブプライムローン(Subprime lending)である。

そもそも今回一連の市場混乱は、
高い金利で住宅ローンを借りていた所得の低い返済者が
返済不履行に陥り、それが顕著化したことが発端となった。

その結果この住宅ローンのリスクを抱え込んで
運用を行っていた多くのファンドが破綻に追い込まれたり
格付けを下げる結果となり、市場の混乱を招いた
と要約することができるだろう。

やれベアスターンズだ、BNPパリバだ、と
混乱の中にも何だかカッコイイ「金融機関」の名前が連なったが、
そもそもこの住宅ローン返済不履行に陥った「人」は誰なのだろう?

相変わらず市場にはイマイチ人間の顔が浮かんでこない。

少し調べてみれば、世界市場を震撼させたこの問題も、
根底にあるのは、アメリカの深い貧困と資本主義の根が絡まりであり、
そこには常に生々しい人間の顔があることがわかる。

サブプライムローンは当初の返済額を減少させることで
住宅の購入を容易くし、
1990年代の半ばにアメリカでの住宅ブームを加速させた。
しかし、この貸付は当初期間経過後に返済額が急増するので
一定の収入がない低所得層にとっては、極めてリスクの高いローンだった。
それでも、加熱する住宅ブームの中、移住して間もない移民や、
低所得層に対しても、クレジット格付けをほぼしない
No Doc Loan(書類審査のない貸付)が半ば強引に行われ、
その結果そもそも返済能力のない低所得層が返済不履行に陥ったり、
家を失ったりといった問題が浮上した。

wikipediaによると、かつてアメリカでは黒人貧困地域に対する
その一定区域に居住する人に対しては融資をしないと
いったような金融機関による差別が行われていたという。
これはそれらの金融機関が地図上でその地域を赤線で囲ったことから
レッドライニングと呼ばれ、公民権運動の際に先頭を切って是正された
項目の一つであるらしいが、今回はむしろこういった低所得層に対する
「貸し過ぎ」が一連の問題の根源となった。

このような低所得層に対する積極的な貸付を
Predatory lending=略奪的貸出と言うが、
お金を手に入れ、家を手に入れ、貧困から抜け出したと思った
人々がジリジリと返済不履行のプレッシャーに呑み込まれ、
ついには破産、家も失うといった「人生を略奪」される絵は
アメリカ社会の病理を描いているように思える。

トリステイトの金融を管理するFRBNYは
従来、大量のアフリカ系アメリカ人、ラティーノのスタッフを雇用し
ローンの負債者調査員として各州に派遣をしていたのだという。
これは負債者の多く、そして返済不履行者の多くが
黒人であったり、中南米からの移民であったりという背景があったから
とのことであるが、現在は調査員の数が負債者に対して全く追いつかないのだという。
Fedがこのクレジット市場に対する現状把握をできなかったということが
今回のクレジット市場へのダメージを拡大させたとの見方もある。

NYの地価はうなぎのぼり、もちろんNYを通勤圏内とする周辺州も
簡単に家を持つことができるような価格ではない。
そのさなか、アメリカン・ドリームに象徴される大きな家を持ち、
新たな一歩を踏み出そうと、
身を粉にして働いたかもしれない労働者や
事情のよく分からない外国人、
犯罪率の高い黒人居住区から抜け出し、子供たちの教育を
一から考え直そうと思った家族を「エサ」にした
アメリカの資本主義というPredator(ライオンなどの肉食動物)は
食べても食べてもお腹いっぱいにならない飢餓道に落ちた鬼のようでもある。

市場の混乱は、東京の暑さがひと段落ついたのと共に
落ち着きを取り戻すかもしれないが、
一度食われてしまった彼らの「家」は戻ることはない。
[PR]
# by akkohapp | 2007-08-18 13:27 | NYC, USA